アルティジャーノ
公式オンラインショップ
フロアマット専門店

2019.10.24

「東京モーターショー 2019 開幕 ビックサイト編」~レクサスLF30 Electrified・マツダ MX-30~

皆さま、こんにちは

クルマのオリジナルフロアマットのアルティジャーノです。

本日は、「東京モーターショー2019」の会場から各自動車メーカー出品車輛の速報をお届けいたします!

 

 

レクサスのブースでは、ひときわ注目されているのがLF-30の存在です!

これは電動化技術を用いてクルマの基本性能を大幅に進化させて自動運転や電動化などモビリティ社会が変化し続ける時代においても、クルマがもたらす楽しさ・喜びを提供し続けることを目指す次世代の電動化ビジョン!

個人的には、LF-1 リミットレスの市販向けプロタイプが見たかったのですが・・・。

 

 

マツダのブースではMX-30にプレス関係者の視線が集まっていました!

マツダの東京モーターショーのテーマは「人(あなた)と共に創る」です。

CX-30をベースとした、EV化したモデルで全高が30mm高いだけで、ホイールベースも2655mmで同じです。

MX-30はマツダの電動化技術であるe-SKYACTIV搭載の第1弾です!

個人的には、マツダ次世代ロータリーFRスポーツRX-9の市販向けプロトタイプが見たかったです。

クルマキレイに磨いて並べた状態で展示するだけの従来のモータショーのスタイルが、クルマは見て触って乗っての体験型スタイルに変わるための今は過渡期だと感じています。

2年後の東京モーターショーのスタイルがどのように変化しているか楽しみです。

アルティジャーノでは「自動車がある生活を快適にする」ためにクルマがあるさまざまな生活シーン(ライフスタイル)に対応する商品の開発に取り組んでます!

 

レクサス各種商品はこちらから

マツダ各種商品はこちらから

記事をシェア

車メーカーからフロアマットを探す